一歩踏み出してみる

転職しようか悩んでいるだけでは、何も変わりません。
悩んでいるならば、求人情報をチェックしてみてください。
興味のある企業がなければ、無理に転職する必要はありませんが、これだと思う企業があれば迷わず応募してください。

採用担当者と直接会うことで、理解できる部分ば多くあります。
会ってみて入社意欲が高まる企業もあれば、逆もあります。
いずれにしても一歩踏み出すことで、新たな展開がスタートするのです。

転職活動をおこなっても、転職しないという決断をすることもあります。
転職活動をおこなうことで、自分の市場価値が見えてきます。
転職したいと思う気持ちを大切にして、一歩踏み出してみてください。


5月25日(土)アクトシティ浜松で開催されるマイナビ転職セミナー浜松で、午前10時15分から事前講演、午後5時から事後講演をさせていただきます。実践ですぐに役立つお話をさせていただきます。ぜひご参加ください。

| | コメント (0)

やりたいことを実践する

転職は、人生の転機です。
せっかく転職するのですから、やりたいことやできることについて考えてみてください。
10年先はわからなくても、5年位先をイメージしてみましょう。

やりたいことが見つからなければ、求人情報をチェックしてみてください。
興味のある求人情報があれば、躊躇せず応募します。
できるかと悩んでいるくらいならば、採用担当者から直接話を聞くことで判断できます。

何もやりたいことがなければ、現職の仕事を極めていってください。
極めていくことで、より存在価値が増す可能性があります。
やりたいこと、できることを実践して、生き生きと仕事をしてください。

5月15日(土)アクトシティ浜松で開催されるマイナビ転職セミナー浜松で、午前10時15分から事前講演、午後5時から事後講演をさせていただきます。実践ですぐに役立つお話をさせていただきます。ぜひご参加ください。

イベント予定
5月15日スタートみつキャリ
5月18日マイナビ転職EXPO名古屋
5月25日マイナビ転職スタートアップセミナー浜松
5月19日マイナビ転職セミナー東京
6月1日マイナビ転職セミナー新潟
6月2日マイナビ転職セミナー横浜
6月9日マイナビ転職EXPO東京

| | コメント (0)

条件を見直してみる

週末、マイナビ転職EXPO名古屋、マイナビ転職セミナー東京で講演をさせていただきました。
どちらの会場も多くの皆さまにご参加いただき、ありがとうございました。
皆さまの転職が上手くいきますよう願っています。

就きたい仕事への熱意は大切ですが、上手くいかなければ希望条件などを検討してみる必要があるかもしれません。
過去の実績だけ打ち出しても、転職は上手くいきません。
転職市場のニーズを掴んで、転職活動をしてください。

採用側の視点に立つと、見えてくるものがあります。
過去の実績だけアピールしても、採用担当者は興味を持ちません。
採用担当者は、自社でどのように活躍できる人材か見極めています。

5月15日(土)アクトシティ浜松で開催されるマイナビ転職セミナー浜松で、午前10時15分から事前講演、午後5時から事後講演をさせていただきます。実践ですぐに役立つお話をさせていただきます。ぜひご参加ください。

| | コメント (0)

求人情報をチェックする

現職が辛いならば、我慢せず求人情報をチェックしてください。
仕事をするのは、あなた自身です。

短期間で辞めても転職できないという方がいますが、そもそも短期間の受け止め方も企業により違います。
転職では、在籍期間以上に実務能力や仕事へのポテンシャルが評価されます。

求人情報をチェックし、興味のある企業へエントリーしてみてください。
新たな展開が期待できます。

昨日マイナビ転職特別企画「みつキャリ」でお話をさせていただきました。
多くの皆さまにご参加いただきありがとうございました。

来週22日(水)20時からゆうこすさんが講師として出演されます。

自分らしい働き方や未来をみつけたい方ぜひご参加ください。

| | コメント (0)

マイナビ転職特別企画『みつキャリ』WEBセミナー本日スタート

本日5月15日(水)20時からマイナビ転職特別企画『みつキャリ』WEBセミナーがスタートします。
あなたらしい働き方や未来をみつけるための企画です。インターネット環境があれば、どこからでもご参加いただけます。
ぜひご参加ください。


| | コメント (0)

我慢しなくてい

短期間で辞めると転職できないと言われることがありますが、我慢をして仕事を続ける必要はありません。
やりたくないことをずっと続けて体調を崩せば、仕事そのものができなくなってしまいます。

少なくても3年勤務しなければ転職できないと言われても、3年間勤務したから転職できるわけではありません。
3年でも短いと捉える企業はあります。
長い短いではなく、応募企業で発揮できる能力や仕事のポテンシャルが重要です。

現職で嫌だと思うならば、まずは求人情報をチェックして就きたい仕事があるかチェックしてみてください。

| | コメント (0)

やらない後悔

転職しようか悩んでいるならば、求人情報をチェックしてみてください。
興味のある企業がなく転職しようか悩んでいるならば、無理に転職せず現職に留まるべきかもしれません。

現職で紋々としている理由について、考えてみてください。
この先ずっと解決の見通しが立たないならば、前向きな気持ちで転職活動をおこなってください。

「あのとき転職していれば・・・」と後悔するくらいならば、転職してみるべきです。
失敗したらと躊躇する方がいますが、上手くいかなければ、別の道を探すこともできます。
後悔しない生き方をしてください。

| | コメント (0)

転職しやすい時期

転職しやすい時期について聞かれますが、転職は通常通年募集をしているわけではないので、
「これだ!」と思う求人を見つけたときが、転職すべきタイミングと言えます。

賞与後は、求人件数が増えるものの求職者も増えるので、必ずしも良い時期とは言えません。
転職では、欠員や増員の募集が多いので、転職すべきタイミングを逃さないためにも、転職を考えているならば、
常に求人情報をチェックしてください。

転職するかしないかの決断は自分自身でおこなうべきですが、興味のある企業があればぜひエントリーしてください。
採用担当者と合うことで、新たな気付きがあります。

| | コメント (0)

5年後をイメージする

転職では目先だけでなく、応募企業での3年から5年後の姿をイメージしてみてください。
全くイメージできない、あるいは疲れ切った姿しかイメージできなければ、合わない企業かもしれません。

せっかく転職するならば、活躍する姿をイメージできる企業へ転職してください。
イメージできるということは、やるべきことが見えている証です。

もちろん入社してみなければわからないこともありますが、転職は新卒採用と違い、求められている職務が明確なことが多いので、
これまでの経験と照らし合わせて、イメージしてみることが大切です。

| | コメント (0)

採用担当者の視点

転職では、自社が求めている人材とのマッチングを見極めています。
求められている職務が明確なケースが多いので、能力を満たしているかが重要なポイントになりますが、
その他、上手く適応できるかなどパーソナリティもチェックします。

求人情報で求められている職務や人物像を想定したうえで、これまでの経験と照らし合わせて合致することを
アピールしてください。
経歴をただ伝えるだけでは、採用担当者にインパクトを与えません。
できることを具体的にアピールすることで、採用担当者は、自社で活躍するイメージを抱きます。

応募者の過去や現状は、自社で能力を発揮できるか見極める材用に過ぎません。
求められている人材として、できることを具体的に語ってください。

| | コメント (0)

«志望動機